【楽天トラベル】2019年ゴールデンウイーク(10連休特集)

忙しい生活の中でも、あえて片付けを進めていく理由

断捨離・片付け

休日くらいはしっかりと休んだり、外出して楽しい時間を過ごしたい。慌ただしい生活が続いていると、つい後回しにしてしまうのが部屋の片付けです。

片付けに手をつけるのが億劫になってしまうのは、身体だけではなく、心も疲れてしまうから。物を手放したり捨てることは、本当に疲れる作業です。

買った時の値段を考えると処分が勿体なくなってしまったり、また使う機会が出てくるかもしれないと考えたり。後悔や未練が出てきて、なかなか開放感を味わうこともできません。

今は物を捨てることも大変な時代

捨てる方法を調べているうちに一日が終わってしまい、余計に物が溢れたまま休日が終わってしまう……なんてことまであるくらい。ですが、沢山の物を部屋に置いたままにしていることは、自分が思っている以上の損になってしまっているかもしれません。

物の選別が大事

片付けの中心になるのは、物の分別作業です。これは、自分に必要な物を自分自身で決める機会になります。忙しい生活が常時続いているのなら、この先に使える時間の方も限られていくはず。

もう必要がない物、今後も大切にしていきたい物をあらためて厳選する時間が、きっと必要になっています。これからはどう時間を使い、将来的にはどんな暮らしをしていたいのか。そのイメージを具体的に決めていくことで、部屋に残す物を自然と上手く選り分けていきます。

「断捨離」という行為が持っている意味

テレビや雑誌で見る質素な生活に倣うのではなく、自分のライフスタイルと合う、自分が心地良く過ごせる環境。片付けをしながら、今後の時間の使い道をあらためて考えることで、整理し始めた部屋を徐々にそんな場所へと変えていくことができます。

片付けは本当に大変な作業ですが、自分のために時間を使うプライベートな物でもあります。より良い生き方を選ぶために、思い切って取り組んでみる。そんな気持ちから挑んでみるのも良いかもしれません。