【人気記事】定年後のお小遣い稼ぎに「パソコンを使った在宅ワーク」

年金で生活できない場合どうすれば良い?

年金・退職金

老後は年金収入に頼る必要が出てきますが、しかし、満足できる生活ができるほどもらえる保証はありません。その人がどのくらい年金の支払いをしてきたのかで支給額が変わるため、場合により生活困難になる可能性が出ます。

そこで気になるのが、年金で生活できない場合どうしたら良いのかです。どうすると少ない年金でも生活ができるようになるのかをご紹介します。

無理がない程度で働く

年金が足りなくて生活できないとしても、追加で何かしらの支援でお金が支給されることは基本的にはありません。そのため、年金だけでなんとかしなければならず、貯蓄もなく生活困難の場合は働くことが必要です。

年齢の問題で職探しが困難となりますが、高齢者向けの人材派遣がありますので仕事をして収入を得ることは可能です。ただ、若い時のように無理して仕事をすると体を壊してしまい働けない状態になるので、無理のない程度で仕事をして収入を得るようにしましょう。

節約をして出費を減らして生活を

まだまだ元気なら仕事ができますが、体を壊してしまい収入を得ることができなくなると非常に厳しい状態になります。しかし、その状態になったとしても生活ができないわけではなく、節約をすることで生活は可能になることが多いです。

賃貸に住んでいる場合は、公営や市町村が管理している住宅に入居することで家賃を大幅に減らすことができます。

また、保険を見直しをしたり不要なサービスを解約したりすることでも出費を抑えられます。

それでもダメなら生活保護を受ける手もありますが、生活保護は必ず受けられるわけではないため、あくまでも最終手段の1つとして考えておきましょう。

少ない年金での暮らしについて

少ない年金で生活をする場合、仕事をすることとしっかり節約をして出費を減らすことが大事です。ただそれでも生活ができない場合があり、生活保護に頼らなければいけない状態になることもあります。

そうならないためにも、働けるうちに貯蓄をして退職金はできるだけ老後のためにとっておきましょう。