【たびノート】蜷川実花×すみだ水族館 幻想的なクラゲ展示

老齢基礎年金をいまから増やす「国民年金の高齢任意加入」

年金・退職金

老齢基礎年金をいまから増やすことができる「国民年金の高齢任意加入」をご存知ですか?

若い時の国民年金保険料未払いや結婚して専業主婦になる前まで国民年金保険料未払いなどにより、老齢基礎年金を満額もらえないという人は実は多いという実状です。

「私の年金は少ない…」と嘆く前に今できることをやって、老齢基礎年金を少しでも増やしてみてはいかがでしょうか?

年金加入期間を増やす救済制度
過去に未納があって、満額受給できない人の救済制度として、60歳から65歳までの間に国民年金にさらに追加で加入できる制度があるのです。(すでに満額受給を受けれる人は加入できません)

この制度を「国民年金の高齢任意加入」といって、国民年金の高齢任意加入をすることで満額に近づけることができます。

「国民年金の高齢任意加入」とは?

国民年金では、20歳から60歳に達するまでが強制加入期間となっていますが、60歳以上65歳未満の期間において任意加入できることとし、過去未加入の期間があるなど加入期間が不足しているために老齢基礎年金の受給資格期間を満たすことができない人や満額の老齢基礎年金を受給できない人について、加入期間を増やす道が開かれています。
引用: 日本年金機構

「国民年金の高齢任意加入」に加入できない人もいる?

すでに40年間の払い込み済みの方・60~65歳までの間に厚生年金に加入している方

まず、国民年金の高齢任意加入は満額に近づけるための制度ということで、すでに満額の老齢基礎年金がもらえる方はできません。また、再就職や再雇用などで60歳から65歳まで会社の厚生年金保険に加入している方もできません。

「国民年金の高齢任意加入」に5年間加入した場合の年金増加額

「国民年金の高齢任意加入」に最大の5年間加入した場合、いくら老齢基礎年金が増えるのか気になる方も多いでしょう。

年金増加額(単純計算)
2017年度の老齢基礎年金満額受給額から計算すると、老齢基礎年金は約97,000円増える計算です。ちなみに5年間で支払う国民年金保険料は約980,000円です。現状のままで推移すれば、単純に約10年で回収できる計算になります。

高齢任意加入に加入するべき?

「この年齢になっても国民年金を払い続けるのはちょっと…」と感じている人も少なくないようです。

しかし、上記にある通り、10年以上で元が取れてしまうため計算です。日本における男女の平均余命と比較しても、加入した方が得策だと思います。

国民年金の高齢任意加入の相談・手続きは、居住地の市区町村役場の年金課、または年金事務所の国民年金課になります。対象になる方はぜひお問い合わせを。