【楽天トラベル】2019年ゴールデンウイーク(10連休特集)

定年後は自分の価値観をひっくり返す

年金・退職金
定年退職することになった。長い会社生活もお別れです。
「これからは第2の人生を楽しむぞ!」って張り切っていました。でも、いきなり挫折した。

これって私の事です。果たして、何で挫折してしまったのでしょうか。定年後の生活に価値観を変えることやルールを設けていなかったからだと私は思っています。

今回は私の失敗例を踏まえて、記事にしていきます。

生活水準が変わらなかった

これまで会社員生活を頑張ってきたのだから、ちょっとはリッチなことも…

これが私のスタートでした。確かに自分へのごほうびは必要です。ただ、ある程度の退職金と貯蓄を持っている退職直後は本当に危険です。

どんどんお金を使いすぎたり、収入が激減しているのに会社員時代と変わらない出費で毎月赤字に陥りがちになります。

定年後を楽しく暮らすためには身の丈を考えなければならなかったのです。

価値観を変える

会社員だったころは肩書が欲しいとか給与を増やしたいなんて思っていました。至って普通なことだと思います。

ただ、定年退職したらこのような価値観をひっくり返す必要もあると思います。

いまなら、肩書がないから楽とか収入は1万円貯金できれば問題ないと思うようにしています。

こういう風に考えるようになったら、見栄も張らなくて済みますし質素に暮らすことにも抵抗がなくなりました。

少ない予算で何を楽しもうかななんて考えたりしています。