【たびノート】蜷川実花×すみだ水族館 幻想的なクラゲ展示

2018年の秋のお彼岸はいつ? お彼岸の由来や意味は?

その他

2018年のお彼岸(秋彼岸)は、秋分の日(9月23日)を挟んだ9月20日から9月26日の間となります。

この期間に、ご先祖様のお墓参りに行くという方が多いでしょう。普段できない墓石のお掃除や手入れなど普段あまりできないことを行うことも多いようです。

この機会にお彼岸の由来や意味を知っておくのも良いでしょう。早速、由来から見てみましょう。

お彼岸の意味や由来

私達が住んでいる世界は此岸(しがん)といい、向こうの世界(仏様)の世界を彼岸(ひがん)と言います。

仏教の世界では、春分の日(3月)と秋分の日(9月)の前後の3日間は、太陽が真東から昇り、真西に沈んでいきます。

此岸(仏様のいる向こうの世界)が西にあり、私たちが住んでいる世界の彼岸は東にあるといわれています。

お彼岸の日は、太陽は真東から昇り、真西に沈んでいきます。この期間は仏様の世界と私たちの世界が最も近くなるといえます。そのようなことから、お彼岸の日は仏様に感謝をしながらも、ご自分の煩悩と向き合う期間ともなります。

煩悩と向き合う、その煩悩とは?

煩悩を私なりに考えると、欲求や欲望と大雑把に考えてしまいますが、かたくならずに現代にあわせて言葉にしていきますと、このようなことでしょう。

  • 他人に優しく
  • 自分に対して反省する
  • 不平や不満を言わずに耐えて我慢する
  • 前を向いて努力する
  • 心の安定
  • 真実を見て知恵を働かせること
このようなことから、やはり日本人の魂を感じるには私だけでしょうか? 人に優しく心は穏やかに困難があっても、耐え偲んで前を向いて生きていきましょう。

お彼岸で思うこと

このように考えてみると、今年のお彼岸の太陽は人生で特別な太陽に見えるような気がします。苦しい時も悲しい時も上を向いたら、太陽だけは楽しかったあの時と同じなのです。