【たびノート】蜷川実花×すみだ水族館 幻想的なクラゲ展示

毎日快適!使いやすいキッチンにしちゃいましょう!

断捨離・片付け

みなさんのキッチンの使い勝手はいかがですか??

キッチンを片付けると料理を段取りよく作れるだけでなく、後片付けもサッとできるようになります。一度片付けると綺麗な状態をキープしたくなり、良いことづくめ。ぜひこれを機会にキッチンを見直してみてはいかがでしょうか。

出す!!

まずやることは、キッチンに収納してあるものを全て出すことです。

同じ用途の仲間で集めて、全体の量を把握します。調味料のストックがいくつもあったり、賞味期限切れのものがあったりしませんか。同じようなお鍋やボウルがありませんか。ほとんど使ったことないお皿やお椀はありませんか。

よく見てみると、自分のものの持ち方の癖が見えてくるはずです。

選ぶ!!

キッチンのものを全て出して仲間同士で集めたら、次は選ぶ作業です。

「自分が好きでよく使うもの」「そんなに好きではないが使うもの」「あまり使わないが好きなもの」を選びます。

よく考えて選ぶと、自分がどんなものが好きか、どんなものを使いやすいと感じるのか、傾向が分かります。

家族構成や来客の有無などで必要な数を把握することも大切です。本当にその数が必要かどうか、よく考えてみましょう。

自分の好きなものや必要な数が分かると、無駄なものを買わずに済むようになります。また好きなものを選ぶ目が養われるので、物を大切に扱うようになります。

しまう!!

必要なものがわかったら、最後は適切な場所にしまいます。全て出して、選んだので、全体の量がかなり減って、今までしまっていたところに、スペースができるはずです。

使いやすいキッチンにするには、ボウルなど水と使うものはシンクの下へ、フライパンなど火と使うものはコンロの下へ、それぞれ使う場所の近くに収納するのがコツです。調味料や乾物、ストックの食料はカテゴリーごとに分けると使いやすくなります。

自分が分かりやすいカテゴリーを考えてみましょう。収納するときは立てて収納すると見やすくなり、取り出しやすくなるので同じものを買ってしまうミスを防げるようになります。

食器なども同じ仲間で集めて収納すると、見た目も綺麗で、使いやすいキッチンの出来上がりです。