【たびノート】蜷川実花×すみだ水族館 幻想的なクラゲ展示

定年後の暮らしは節約一筋になりそう

その他

定年退職して収入は大幅に下がりました。生活をガラリと変えなければいけないほどに収入だけではやっていけません。これは私の場合ですが。

会社員時代のお金の使い方が染みついており節約するというのも、いきなりは難しく、退職金もあったりとお金もなくはないので節約するのが苦痛で仕方ないです。

ですが、老後のために貯蓄はしっかりと行わなければならないので頑張るしかありませんね。

私が考える節約

私の周りの友人は定年退職しても、お金をかなり使う方がまず多いです。一緒に付き合っていくとこっちまでお金がどんどんなくなっていきそうです。このような方がいる場合は付き合いもほどほどにしていかなければならないと思います。

食費についてはもともと普通以下なので問題ないですが、住居費がかなり使っていることに気づきました。探せばもっと安い物件って無数にあるものです。引っ越しは最重要課題かなと思います。

これだけでもとりあえずかなりの節約ができそうです。

節約できないのであれば働くしかない

節約が無理だとするのであれば、さらに働くしかないのです。動けるうちに働いておくというのも賢い選択かもしれませんね。もしかすると節約ができても働いた方が得策かも。

政府も働き方改革を推進しているのでいまは好機ととらえ、仕事にも精を出していこうと思っています。

時間をかけて節約体質へ

いまから節約体質は無理ですので、徐々に生活水準を落としていく予定です。きっと、無理しない方がいいと思います。無理な節約は体を壊し、精神的にも追いつめられると思うからです。

徐々に節約していくことでも十分だと思います。ただいえることは節約しないで生活は無理だということ、定年後は節約を意識して、節約とうまく付き合っていくことになるということです。あくまでも私の場合ですけど。