【たびノート】蜷川実花×すみだ水族館 幻想的なクラゲ展示

【断捨離】人間は忘れることができるから捨てることができる

断捨離・片付け

断捨離という言葉が広く聞かれるようになってから、かなりの時が経っているかと思います。断捨離をした事がある方、した事がないけれど興味がある方はぜひ読んで見てください。

断捨離って難しくないのです。難しく考えると捨てられません。捨てるという行為が気持ちよければそれで良いと思うのです。

断捨離を始めるとき

断捨離の本は沢山出ていますね。

「ときめきを感じないものは捨てる」とか、「1年経っても着ない洋服は捨てる」とか。また、思い出の品物はどうやって捨てるべきか?とか。

こういう本を読むことは大切です、やる気を起こさせますからね。

ただ、本は高い。高級品です。いずれはこの本さえも、捨てなければならないかもしれないと思うと、なかなか購入できません。

本はいらない、ただ目標を決める

本を買って、その通りに断捨離できればよいのですが、まずそのようには行きません。本を読んでその通りに出来るのなら、もうすでに断捨離が完了できているはずですから。

まずは、本を読むより、捨てる量を決めてしまいます。たとえば、「45リットルのゴミ袋3袋捨てるぞ!」という感じにするのです。

そうしたら、よっぽど気入っているもの以外は、そのゴミ袋に入れてしまうのです。そして目標を達成したら、自分を褒める。そうするとものすごく達成感が得られます。それによって、また捨てたい気分に、なれます♪

後悔はしないものなんです

こうやって勢いにまかせて捨てることに、恐怖をもしかしたら感じるかもしれません。

でも大丈夫! なければ無いでなんとかなるものですし、なんと言っても人間はすぐに忘れられる生き物なんです。

動物と違って、脳みそがそのように作られているのです。だから、悩むことはありません。どんどん断捨離して、すっきり生活を目指しましょう。