【人気記事】定年後のお小遣い稼ぎに「パソコンを使った在宅ワーク」

新元号の発表日はいつ? 新元号は誰が決める?

その他

政府は今上天皇が退位する日を2019年(平成31年)4月30日にすると閣議決定しました。よって、新しい元号は2019年5月1日から始まるということになります。

気になる新しい元号はまだ公開されていません。各所でいろいろな予想がされているものの、どれも政府が発表したものではなく、政府はヒントすら出していません。

新しい元号になるまで残り約半年となりましたが、いったい政府はいつ発表するのでしょうか。また、その元号は誰が決めるのでしょうか。

元号の発表いつになる?

あるメディアでは、天皇陛下の在位30年記念式典が予定される2019年2月24日あたりとの予想を出していますが、実際どうなのでしょうか。

政府はギリギリまで公表しない姿勢にも思えますが、皇室典範特例法には、改元に伴って国民生活に支障が生ずることがないよう配慮することが明記されているため、ギリギリまで発表しないというのは考えにくいです。

国民生活に支障が生じるものの1つに、会社や省庁のシステムの影響を及ぼす可能性が考えられます。こちらの影響を考えると、1日でも早く公表したほうが良いですね。

ギリギリまで公表しないとしても、4月1日あたりが限度と言えそうです。また、メディアで報道されている予想の天皇陛下の在位30年記念式典後についても可能性はあると思います。

新元号は誰が決める?

新しい元号は誰が決めるのか気になります。国の重要な決定であるので、大多数の人たちで決めるのか、逆にトップシークレットのため、限られた人たちで決めるのか。また、どんな人が決めるのかも気になりますね。

調べてみると、元号法というものに行きつきました。その内容はシンプルで以下の通りです。

元号法

  • 第1項  元号は、政令で定める。
  • 第2項  元号は、皇位の継承があった場合に限り改める。一世一元の制

たった2項のみで驚きましたが、第1項にある通りに政府が決めることがわかりました。

平成に改元した時の事例を見てみると、元号案を中国の古典や漢字の専門家に依頼したそうです。そのメンバーの数は8人。「元号に関する懇談会」を開き、新しい元号を決め、その後、閣議で決定したとのことです。

基本的に元号は天皇が崩御してから決定するものですが、今回のケースは異例です。そのため、すでに準備されていることも予想されます。といいますか、すでに決定されていることも考えられます。

今回の元号の選定メンバーは非公開になっていることからわかりませんが、前回同様に専門家の可能性が高いです。その理由としては、元号に使われている漢字は限られていることが挙げられます。

実際に過去に使われた漢字を見てみると、同じ漢字が何度も登場します。

過去247の元号のうち、4文字の元号があった関係で504の漢字が使われていますが、同じ漢字が何度も組み合わされて使われているので、実際は72文字しか使われていません。

元号に多く使われた漢字

  • 「永」:29回
  • 「元」:27回
  • 「天」:27回
  • 「治」:21回
  • 「応」:20回
  • 「正」:19回
  • 「長」:19回
  • 「文」:19回
  • 「和」:19回
  • 「安」:17回

新しい元号に以上に挙げた漢字が使われる可能性がありますね。未来の日本に希望が持てる良い元号に期待したいと思います。