【楽天トラベル】2019年ゴールデンウイーク(10連休特集)

節約三日坊主を変える3つの習慣

その他

家計がヤバいと感じて、節約に燃えても気づいたら諦めていた。

こんなことはよくあるものです。節約しなきゃいけないのはわかっていても、人間はつい誘惑に負けてしまったり、慣れない行動や無理した行動はストレスに感じることが多いことから、諦めてしまいがちなのです。

基本的に人はめんどくさがりです。三日坊主を正すためには、行動から見直すしかありません。今回は三日坊主を直す3つの習慣を紹介します。三日坊主になりがちな人は挑戦してみる価値ありです。

小さいことから始めてみよう

節約を始めようとした場合、大きな目標を立てていませんか?

人の特性としてこのようなケースが多いです。大きな目標を掲げ、最初はテンションが上がるものです。最初はうまくいっても、ちょっと失敗や挫折すると急にテンションが低くなり、もうやる気がなくなるものです。

実は最初は小さな目標が良いのです。ほぼ間違えなく達成できるような小さな目標でも構いません。

短期的に小さな目標を達成する喜びを知ることが大切です。その小さな目標が達成できたら、またちょっとステップアップした目標設定が良いでしょう。

大きな目標はゴールとして考え、1歩1歩小さく踏み出してみては?

自分の気持ちを高める

人間はやることすべてが成功すると限りません。失敗することもだらけてしまうこともあるのです。

そんな時は落ち込まずに、自分を褒めてあげましょう。前向きな言葉は脳を刺激して、気分を高めることになります。

今日がダメなら明日がある。ポジティブな気持ちを持って、うまく付き合ってみてはどうでしょうか?

行動することを周りに知らせる

節約しますと周りに宣言してみるといいでしょう。宣言する人は、家族でも友人でも誰でも構いません。できる限り多くの人に伝えるといいでしょう。

周りに宣言することで、行動を評価してもらいたいと気持ちでいっぱいになります。これはやる気に変換されて、良い結果を生みやすいものです。

できることなら、定期的に進捗具合や状況の確認をしてもらうようにすると良いです。