【楽天トラベル】2019年ゴールデンウイーク(10連休特集)

改めて確認しておきたい、定年後も続ける6つの節約術

その他

理想通りの年金額や退職金が支給されることになっても、家計は常に考えておきたいですね。

節約の基本は、家計の見直しから始まります。しっかりと家計を管理していても、いつかは改善できる点は見つかるはずです。

まず、チェックするべき点は、毎月支払う内容が決まっている固定費からです。今回は、定年後も続ける6つの節約術として、以下のようなものをあげています。

① 通信費

とにかく維持費が安い、格安スマホが広まってきています。大手キャリアと比べてみると、近い内容のプランで組んでも、半額以下に費用を抑えられることも多いです。

自宅のパソコンの通信環境に関しても、契約時より条件のいいプランがないか、各事業者を見比べてみましょう。

私の場合は、「UQモバイル」を利用しています。現在も新たなキャンペーンを行っているようで、端末を含む初期費用が安いのはとても良いと感じています。

初期費用0円!格安スマホ【UQmobile】

② 住宅ローン

自宅を購入している人のなかには、ローンがまだ残っている人もいるでしょう。購入時の金利と現在の金利は大きく違うので、繰り上げ返済をおすすめします。

繰り上げ返済が難しい場合は、他の銀行への借り替えも検討してみると良いです。

③ 食費

毎日かかるのが食費です。自炊は大きく節約できるので、食生活も合わせて見直してみましょう。特に外食費に注目します。外食は月にいくらまでといったような予算を決めておくと、節約につながることもあります。

ちりも積もって結果的に大幅な節約になるのは、意外にも食費だったりもします。いろいろと工夫してみましょう。

④ 各種保険

意外と家計を圧迫するのが保険です。解約で返戻金が得られるものもあるので、本当に必要か、もう一度見直してみましょう。もしかすると、保険内容がかぶっていたり、かけすぎているかもしれません。

⑤ 交通費

クルマを持っている場合は、電車で代用できないか考え直してみましょう。自動車税やガソリン代の負担はかなり大きいので、可能ならクルマを手放すことを考えるべきです。カーシェアリングやレンタカーを利用するのも手です。

天気の良い日であれば、自転車を活用するのもいいですよ。交通費節約だけでなく運動にもなります。

⑥ 光熱費

もう一般的になりつつありますが、電化製品を使用しないときはプラグをコンセントから抜いておくと待機電力が消費されないため節約につながります。面倒な人は節電タップを活用すると良いです。

その他、できる限りこまめに電気を消すことや逆にエアコンはこまめに電源をオンオフしないことなど、やれることをしっかりやっていきたいですね。