【楽天トラベル】2019年ゴールデンウイーク(10連休特集)

ひな祭りの歴史のあれこれ

その他

私が子供の頃のあこがれでもあった大きなひな壇も、近年では事情が違うようです。ひな人形売れ筋はコンパクトな物が多くなっています。お内裏様とお雛様だけを飾った商品が人気でもありますが、それでも人形の表情は一つ一つ違いがあり、眺めているだけでも癒しになります。

そのひな人形の起源と考えられているのは、はるか昔の平安時代と言われています。現在では、3月3日はひな祭り(女の子の日)、5月5日は子供の日(男の子の日)となっていますが、ひな祭りの起源とされる平安時代は男女共通の行事でした。

その事情としては、当時の子供の生存率がとても低かったことから「無病息災」を願った行事だったといいます。無病息災を願う気持ちは今も一緒で変わりません。

ひな祭りの起源は平安時代とわかりましたが、いったいどのような行事だったのでしょうか? いまと変わりがないのか気になります。

平安時代とひな祭り(平安時代→現代)

平安時代

平安時代では、「ひいな遊び」という遊びが上流階級の子供たちの間で流行っていました。ひいな遊びは、紙で作った人形などで遊ぶものでした。現在でいう「ママゴト遊び」と同じで、人形はもちろんですが、日常使う道具なども紙で作り「ひいな遊び」に取り入れていたと言われています。

それとは別に「無病息災」を願う上巳(じょうし)という行事を3月の初めに行っていました。上巳とは、人形に食べ物と子供に降りかかるであろうと思われる厄を乗せて、一緒に川に流すというものです。このようなことからも「流しびな」とも言われています。

この「ひいな遊び」と「上巳」を合わせたものが「ひな祭り」の起源と言われます。

室町時代~江戸時代~現代

上巳が3月3日となったのは、今から約600年前の室町時代と言われています。この時代では「ひな祭り」と言えるほどのものでは無く厄祓いの行事でありました。

ひな祭りと言えるような行事になったのは、今から約390年前の江戸時代初期となります。この行事は町の庶民にも伝わり、地方まで伝わって行きました。この頃から、ひな人形や付属する道具なども添えられ、ひな壇などより贅沢になっていきます。

大政奉還から明治時代となり、一時期節句行事は廃止されましたが、平安時代から続く節句は簡単には途絶えることは無く、また復活します。そのまま現在のひな祭りの習慣に至ります。

ひな祭りのトリビア

3月3日は桃の節句、5月5日は端午の節句ですね。昔から奇数は縁起が良く、偶数は縁起が悪いと言われていました。子供の「無病息災」を願う親の気持ちは今も昔も変わらないことがよくわかります。

また、ひな祭りに菱餅を飾る習慣は江戸時代から始まりました。その理由として江戸時代は食文化が飛躍的に発達したことからと考えられます。近年では更に食文化が変わり、菱餅の代わりのスイーツなども飾ることが増えています。