【楽天トラベル】2019年ゴールデンウイーク(10連休特集)

眠っている留袖、その留袖はもしかしたら大きな価値があるかも

その他

眠っている留袖はありませんか?

もしかすると、その留袖は大きな価値があるかもしれません。自分では着ることがなくなった留袖を買い取ってくれる業者もあります。

せっかく買った高価な留袖を有効活用するためにも、売却を検討してみるのはいかがでしょうか。

留袖の種類や買取相場、高く買い取ってもらえるコツをご紹介します。

留袖(とめそで)とは?

和服の中でも結婚式などの正礼服として着用される黒留袖は、とても格式が高い着物とされています。男性でいえばタキシードでもあり、女性であれば西洋のイブニングドレスと同様な格式といえますが、イブニングドレスとは違い着る時間は問われません。

和服の格式順としては、以下のようになっています。

正礼服

黒留袖・振袖・喪服

準礼服

色留袖・訪問着・色無地

略礼服

色留袖・訪問着・江戸小紋・色無地など

礼装以外の着物としては、「外出着」「街着」「家庭着」などがありますが、現在では普段着に和服を着る方は少なくなっています。

留袖の種類

黒留袖

留袖の中でも最も格式が高いのが「黒留袖」となります。既婚女性だけが着る事が出来る第一礼服として使われています。現在では結婚式の新郎新婦の母親や親戚の方が着る場合が多くなっています。

多くの女性が着物を着ていた大正時代まで、公的は場所では留袖、普段着と使い分けていました。黒留袖に使われる生地は丹後縮緬(ちりめん)や濱縮緬などの、地模様の無い縮緬を用い袖に模様が入っています。

色留袖

「色留袖」とは地色が黒では無い留袖の事です。地模様のない生地には、縮緬だけでは無く紋意匠縮緬や綸子(りんず)、緞子(どんす)、朱子地(しゅすじ)が使われる場合もあります。

留袖の買い取り相場

買い取り専門店バイセルさんの買い取り例としてご紹介します

本加賀友禅と有名老舗工房の黒留袖合わせて3点、証紙付きであり着物の状態が良くとても大事にされていた着物ということでした。買い取り価格150,000円です。(埼玉県出張買い取り)

京友禅と加賀友禅の老舗の黒留袖の2点、松・菊・オシドリなど花鳥山水が描かれた京友禅の黒留袖と加賀五彩を基調とした配色が特徴の加賀友禅は鮮やかな配色となっている黒留袖です。2点とも結婚披露宴や会合などで1度か2度着られたとのことで比較的新しい状態での買い取りとなりました。買い取り参考価格60,000円です。(兵庫県出張買い取り)

着物買取なら「バイセル」がおすすめ

バイセル

「早く、高く、出張買取」をモットーに
着物や切手、ブランド品などお客様が使わなくなったお品物を
ご自宅まで無料で出張、査定、買取するサービスです。

【サービスの強み】
●スピード対応!
●日本全国無料で出張査定!
●持ち運ぶ手間なし!
●即現金化!
● 徹底したアフターフォロー!

留袖を高く売る方法

リサイクルショップではなく専門店

着なくなった着物を何処かで買い取ってもらいたいなら、きちんと査定ができる着物の専門店がおすすめです。ご近所のリサイクルショップに持ち込んでも、着物の知識は期待出来ません。一般的な古着と同様な扱いになってしまい、買取価格がとんでもなく安くなりがちです。

専門店できちんと査定してもらうことで最新の買い取り情報で、思わぬ高値で買い取ってもらえる場合があります。近年ではインターネットで申し込みが出来る専門店がありますので活用してみてはいかがでしょうか。

証紙を用意する

着物を売る場合「証紙」があるかないかでは、買い取り価格が大きく違いが出ます。買い取る業者さんも買い取って販売する事から証紙があることで販売しやすくなります。

そのような事から、着物を買った際に必ず付いてくる証紙や証明書は用意しておきましょう。

汚れやシミを取る

どのような汚れやシミでも最初は水で拭いてみます。なるべく洗剤は使わないのが理想ですが、キレイにならない場合は薄めた中性洗剤で、力を入れずにつまむように拭きとってみましょう。

全く効果がなければ油性のシミになります。このような場合は、アルコールかベンジンの薬剤を使いシミを溶かして拭きとります。上手くいかない場合は専門業者さんに依頼しましょう。

以上のことを実践することで、さらに着物の価値を高めることができ、買取時には有利に働きます。