【楽天トラベル】2019年ゴールデンウイーク(10連休特集)

ややこしい軽減税率対象品目について

その他

2019年の10月に消費増税が行われる予定です。消費税は10%に引き上げられる中、特定の品目で消費税が据え置かれる軽減税率が適用されます。

しかし、その軽減税率の対象となる品目は細かく分かれていて、覚えることは難しいほど多くあります。同じような商品でも対象となる場合とならないものがあって、ややこし過ぎるといっても過言ではないでしょう。

今回はややこしい品目をいくつか挙げておきます。

軽減税率対象になるものとならないもの(例)

軽減税率対象(8%) 軽減税率非対象(10%)
ミネラルウォーター 水道水
ノンアルコールビール、みりん風調味料 酒類(ビール、ワインなど)、本みりん
テイクアウト、出前 レストラン、屋台、コンビニのイートイン
学校給食、福祉施設での食事 社員食堂、学生食堂
新聞の定期購読 コンビニの新聞、電子版の新聞
医薬品に該当しない栄養ドリンク 医薬品に該当する栄養ドリンク
サプリメント(特定保健食品、栄養機能食品) サプリメント(医薬品、医薬部外品)
かき氷 保冷用の氷

以上のようにとてもややこしくなっています。

特に覚えていたほうがいいのが、その場で食べるか持ち帰ってから食べるかです。その場で食べた場合は、軽減税率の対象外になるので注意が必要。

増税前に買っておいたほうが良いもの

以下のものは、軽減税率の対象外になっているものです。増税前に買っておくと良いです。

電車やバスの定期券 お酒・タバコ
ガソリン 旅行の申し込み
携帯電話の新規契約 家電
航空券 市販薬