【楽天トラベル】2019年ゴールデンウイーク(10連休特集)

2019年6月よりふるさと納税に大きな規制、申し込むなら早めに

その他

寄附により、自己負担2,000円で返礼品がもらえることで人気となっているふるさと納税。豪華な返礼品が多く、お得過ぎるこということで総務省が規制を強める事態になっています。

2019年6月には、さらに規制を強化する予定です。ルールが厳格化されることが見込まれ、自治体間の寄附争奪戦もようやく終止符が打たれることになります。私たち寄附する側もその恩恵は受けることができなくなるのは間違えないでしょう。しかし、あまりにも過熱しすぎていたことからも仕方がない気もします。

さて、今回の規制では、どのように厳格化になるのでしょうか。

ふるさと納税の規制強化(予定内容)

返礼品の割合3割

これまで自治体に委ねられていた返礼品の金額は、「寄付金額の3割以下にする」というルールが定められました。このことにより、現状よりも大きくお得度は低下することになります。

ペナルティ制度の導入

ルールを守らない自治体には、総務省からの指定を取り消すペナルティを科すことになりました。基準に適合しているかのチェックも厳しく行われることになります。

地場産品のみ

6月からは、自治体とはまったく関係のない商品を返礼品として送ることが禁止されます。これまでにあった商品券などの換金性の高いものもルール違反となります。基本的に地元で生産されるもののみが返礼品として扱われます。

今年にふるさと納税を行う予定なら5月までに行うとお得

以上の規制は2019年6月からとなることから、5月までに申し込みを行うことで規制前の基準で返礼品を受け取ることができます。申し込むなら、今がチャンスと言えるでしょう。

もしかすると、5月は駆け込み需要が起こる可能性があるので、できれば早めに申し込んでおくと安心かもしれません。

ふるさと納税を申し込むなら「楽天ふるさと納税」

楽天ふるさと納税を利用すると、寄附金額に対して一定の楽天スーパーポイントがもらえることから、楽天ふるさと納税を経由した寄附がお得です。

普段通りの楽天市場での買い物をする感覚で申し込みが行え、クレジットカードでの決済も可能です。もちろん貯まっている楽天スーパーポイントの利用も可能となっています。楽天の会員情報を使うこともできるので、申し込みがスムーズなのも利点です。